本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[中国・四国地区ニュース] 平成27年度  スクールソーシャルワーク(SSW)研修会
 投稿日時: 2016/02/02

1  趣旨

スクールソーシャルワーク事業に関連するソーシルワーカーや教育・支援関係者が集い、
スクールソーシャルワークについての知識と技能を高めるとともに、事業の効果的な推進についての相互理解を深め、実際の家庭や子どもへの充実した支援につなげていく。

2  共催

一般社団法人山口県社会福祉士会 山口県精神保健福祉士協会

3  後援

日本学校ソーシャルワーク学会

4  日時

平成28年2月21日(日) 9:00~16:45 

5  会場

山口県セミナーパーク(山口市秋穂二島1062)一般研修棟102 

6  参加対象

1.県内でSSWとして既に活動しており、今後も活動を希望する者
    (県社会福祉士会会員でSSWとして継続稼働される方は、この研修の午前、もしくは午後の部に参加することが必須です。欠席者には後日、課題レポートが課されます)
2.新規にSSWとしての活動を希望する者、今年度途中から新規で稼働しているSSW
    (県社会福祉士会会員でSSWとして稼働希望される方は、終日の受講が必須です)
3.今後SSWとして活動することに関心のある者
    (県社会福祉士会、もしくは県精神保健福祉士会会員でない方は、事務局にお問い合わせの上申し込みください)
4.県市町教育委員会 
5.幼・保・小・中・高・大学等の教職員
6.スクールカウンセラー 
7.子どもの福祉に関わる方及び福祉関係機関の従事者
8.県外のSSW、学校関係者、日本学校ソーシャルワーク学会会員
9.その他、県社会福祉士会、県精神保健福祉士協会が認めた者

7  定員

60名 
定員を超える申込みがあった場合、締切後に人数調整をさせていただくことがありますのでご了承願います。なお、受講いただけない場合は、2月6日(金)までにご連絡いたします。

8  参加費

2,000円(会場費・資料代)
  (県精神保健福祉士協会会員と県社会福祉士会SSW委員会会員は、両会より全額補助されます)

9  参加申込先・問い合わせ先:

申込用紙に必要事項を記入の上、山口県社会福祉士会事務局に、FAXでお申し込みください。
平成28年2月8日(月)10時まで
  〒753-0072 山口市大手町9-6 山口県社会福祉会館内
  一般社団法人 山口県社会福祉士会 事務局
TEL:083-928-6644 / FAX:083-922-9915

 

詳しくはこちらをご覧ください。 

申込書はこちらからダウンロードできます。



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp