本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東海北陸地区ニュース] 東海・北陸ブロック研修会
 投稿日時: 2016/04/08

学校現場で活かすスクールソーシャルワークの視点
~ケース会議における包括的アセスメントの活用~

 

スクールソーシャルワークでは、学校現場における包括的アセスメント・プランニング、ケース会議などが重要であるといわれます。しかし、それらは教職員のみならずスクールソーシャルワーカー自身にとっても難しいと感じるものです。
そこで今回は、架空事例を用いた模擬ケース会議を参加者全員が体験する中で、包括的アセスメント、有効なプランニングのポイント、ケース会議のコーデイネートについて理解を深め、学校現場でのスクールソーシャルワークの視点の活かし方について考える機会とします。

 

日  時:2016年6月18日(土) 10:00~12:00
場  所:アクトシティ浜松 研修交流センター 402会議室
                    (JR浜松駅徒歩5分)
参加対象:日本学校ソーシャルワーク学会員、スクールソーシャルワーカー、教育関係者
                  社会福祉士、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、研究者等
参加費:無料
定  員:40名
参加方法:事前申込  *申し込み方法は下記参照
受付開始:9:40
講  師:青木 まゆみ 氏
                  牧之原市および焼津市教育委員会スクールソーシャルワーカー
                  社会福祉士、精神保健福祉士
主  催:日本学校ソーシャルワーク学会 東海・北陸ブロック運営委員会

 

【申込方法】
ssw2016hamamatsu@gmail.com(申込み専用)に、参加希望の研修会
(午前・午後・両方)・氏名・所属・連絡のつく電話番号・懇親会参加の有無を記入して6月15日までに申込

※午後は、学校ソーシャルワーク研修会(チラシ参照)です。
会場は、同じ建物の62研修交流室になります。こちらもご参加ください。

【懇親会】
浜松駅近辺の飲食店にて。参加費 4千円程度で予定。

こちらからPDFファイルをダウンロードできます。



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp