本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[近畿地区ニュース] 日本学校ソーシャルワーク学会近畿地区研修会 セミナー「実践現場と協働して実施する、ソーシャルワーク評価」
 投稿日時: 2012/02/04
近畿地区

大阪府立大学人間社会学部 公開講座
2011年度 社会福祉学セミナー「実践現場と協働して実施する、ソーシャルワーク評価」

日本学校ソーシャルワーク学会近畿地区研修会

ご案内

社会福祉は実践の科学と言われながら、実際は実践現場では実証的研究が十分展開されているとは言い難く、社会福祉現場では実証的研究の蓄積がなされにくい課題を抱えています。 しかし、一定の成果を見せなければ、予算の継続も難しく、どのように実践の評価、ソーシャルワーク評価をしていけばいいのか実践現場は頭を抱えています。
そこで、今回はソーシャルワーク評価をプログラム理論から検討することを中心にさまざまな評価方法で実践現場と長年やり取りしてきた実証的研究をご紹介したいと思います。 実践家の皆さん、研究者とともにソーシャルワーク評価を行いませんか。研究者の皆さん、実践現場とともにソーシャルワーク評価に挑戦しませんか。
実践現場×福祉系大学大学院生×研究者はもちろん、関心をもつ多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

プログラム

時間 内容
13:00~14:00 【基調講演】
「「ソーシャルワーク評価の手法~プログラム理論から」
大島巌 氏(日本社会事業大学)
14:00~17:00 【シンポジウム】「実践現場とともに行う、実証的研究としての評価方法」
  • <パネラー>
    • 「プログラム理論の活用の実際~精神障害者領域」道明章乃 氏(日本社会事業大学)
    • 「コスト評価の実際~児童・生活保護領域」和田一郎 氏(茨城県土浦児童相談所)
    • 「自治体行動計画における評価~児童領域」小野セレスタ摩耶 氏(滋慶医療科学大学院大学)
  • <コメンテーター>大島巌 氏(日本社会事業大学)
  • <コーディネーター>山野則子 氏(大阪府立大学)

期日

2012年2月4日(土曜)

時間

13:00~17:00(12:30より受付)

定員

250名(応募者多数の場合は、抽選)

会場

大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス(アクセス
学術交流会館 多目的ホール

参加費

無料 ※どなたでも、お申込みできます。

主催

  • 大阪府立大学
  • 文部科学省「就業力GP」子育て教育系キャリア・コラボ力育成
  • 地域連携研究機構「地域福祉研究センター」ソーシャルワーク開発研究所

子育て教育系キャリア・コラボ力育成

2007年にスクールソーシャルワーク(SSW)研究会を立ち上げ、2008年から学校におけるコラボレーション研究会として拡充し、2009年学内にはGPとしてこの活動を継続してきました。 そして、2010年には就業力GP「子育て教育系キャリア・コラボ力育成」として文部科学省から採択され、大学全体の企画として発展してきました。

共催

  • 大阪府立大学社会福祉学会
  • 日本学校ソーシャルワーク学会

お申し込み・お問い合わせ

大阪府立大学就業力GP ホームページのお申し込みフォームより、
または、申込書に記入の上FAX:072-254-9797にてお申し込みください。

連絡先

〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号大阪府立大学 人間社会学部 就業力GP 推進事業代表者 山野則子 TEL:072-254-9797



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp