本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[北海道地区ニュース] 2013年度日本学校ソーシャルワーク学会北海道地区研修会
 投稿日時: 2013/09/14
北海道地区

テーマ:教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法~発達障害を抱える子どもたちのために~

対象

学校及び教育・福祉・心理関係機関(スクールソーシャルワーカー〔SSWr〕、小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールカウンセラー、福祉関係者)

日程

2013年9月14日(土曜)13時~16時30分

会場

北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2-3-1(地下鉄大谷地駅3番出口徒歩5分)

参加費

1,000円(学生500円)

※参加方法は、ページ下部の「申し込み」をご覧ください

趣旨

SSWrが学校での支援を開始して6年目を迎え、学校ではSSWrによる支援を蓄積してきています。
加えて、学校をベースとしてSSWr、教諭、他職種が協働した支援展開の効果が報告されてきています。
同時に、芋づる式にSSWrの要請が増加しているという地域の報告も増え、さらなる期待が寄せられています。
こうした現状において、日々子どもに向き合っている教諭、そして子ども家庭の福祉支援を行うSSWrにはさらに効果的な支援を追及していくことが求められます。

本年度におきましては、教諭とSSWrの協働をテーマに、特別支援学級、通常学級に在籍する「発達障害を抱える子ども家庭」に対する支援のあり方と展開の方法について学びます。
さらに、シンポジストを招いて実践報告をいただき、効果的、具体的な実践方法について報告いただきます。

プログラム

時間 内容
12:30- 受付
13:00-13:15 趣旨説明・オリエンテーション
13:15-14:15 【講演】「発達障害児・家族に対する支援のあり方」
安原佳子氏(桃山学院大学教授)
14:30-16:30 【シンポジウム】「学校現場における発達障害を抱える子ども家族に対する支援実践を通じて」
  • 司会:高野和美氏(札幌市SSWr)
  • 指定討論者:安原佳子氏(桃山学院大学教授)
  • シンポジスト:鹿川靖子氏(帯広市教育委員会SSWr)
  • シンポジスト:丸山芳孝氏(発達障害者支援道東地域センターきら星センター長)

講師紹介

安原 佳子[やすはら よしこ]氏(桃山学院大学教授)

大阪府立大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程単位取得中退。(財)子供の城療育センター等での発達・療育相談(~1998年)を経て、1998年より桃山学院大学社会学部社会福祉学科に勤務。保育園や小中学校での障がいのある子どもに関する巡回相談にも携わっている。専門は、障害児療育、応用行動分析、発達心理学。現在の主な研究テーマは スクールソーシャルワークと特別支援教育。

後援(予定)

  • 北海道教育委員会
  • 札幌市教育委員会
  • 北海道社会福祉士会
  • 北海道精神保健福祉士協会

申し込み

北星学園大学 久能研究室 宛
FAX:011-896-7660

記入事項

  1. 北星学園大学久能研究室宛
  2. 「SSWr研修会参加申し込み」 との記載
  3. 所属
  4. 氏名

※書式は任意ですが、フォームもご利用ください。

締め切り

8月31日(土曜)

問い合わせ

久能由弥(北星学園大学 教授)
TEL:011-891-2731(内1406)
FAX:011-896-7660

※8月中は不在が多く、電話が繋がらない場合、問い合わせをファックスでいただけると助かります。折り返しご連絡させていただきます。



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp