本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東海北陸地区ニュース] 2011年度スクールソーシャルワーク研修
 投稿日時: 2012/03/10
東海・北陸地区

主催

  • 社団法人愛知県社会福祉士会
  • 日本学校ソーシャルワーク学会

ご案内

今、子どもたちを取り巻く環境の急激な変化が、いじめ、不登校、暴力行為、非行といった問題行動にも影響を与えているといわれています。
平成20年度に、文部科学省では「スクールソーシャルワーク活用事業」を実施しています。
子どもを取り巻く問題が深刻化する中で、スクールソーシャルワークによせられる期待も大きくなっています。
スクールソーシャルワークは、子どもの利益の最優先を考えながら、子どもを取り巻く環境との関係性に着目しながら、学校を基盤として行う活動のことです。
学校生活を過ごす中で様々な困難に直面している子どもたちの生活の質を高めるための支援活動を行うことを目的としています。
支援の対象は子どもばかりではなく、子どもを取り巻く家族や、教師をも含んでいます。
社会福祉士の新しい役割として注目されているスクールソーシャルワークについて、事例を交えて分かりやすくお伝えいたします。
既に導入されている学校現場では、大きな効果が報告されています。教育現場の方々もぜひご参加ください。

日時

平成24年3月10日(土曜)13:30~16:00 (受付開始13:15)

場所

日本福祉大学名古屋キャンパス 南館501教室
愛知県名古屋市中区千代田5-22-35) ※JR(中央本線)・地下鉄(鶴舞線)鶴舞下車徒歩5分

内容

  1. 愛知のSSWの状況
  2. 「被災地でのスクールソーシャルワーカーたちは~福島で子ども、家庭、学校、地域と向き合う中で~」
    講師:鈴木庸裕(福島大学大学院教授)
  3. 実践報告
    講師:佐々木千里(社会福祉士・スクールソーシャルワーカー)

参加費

  • 愛知県社会福祉士会会員:2,000円
  • 日本学校ソーシャルワーク学会員:2,000円
  • 会員以外:3,000円
  • 学生:1,000円

定員

50名

申込

2月29日(水)までに申込書にてFAXにてお申込ください。

申し込み先

愛知県社会福祉士会 FAX:052-264-0695



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp