本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東北地区ニュース] 雑誌「東北の学校ソーシャルワーク」第4号のご紹介
 投稿日時: 2013/07/17

雑誌「東北の学校ソーシャルワーク」第4号のご紹介

日本学校ソーシャルワーク学会東北地区の刊行物『東北の学校ソーシャルワーク』第4号の紹介です。

第4号(2013.3)

第1号表紙
【巻頭言】「チーム再考」―Torontoからの学ひ繧凵i鈴木庸裕)
【東日本大震災とSSW―第2報】
  • 1年10か月後の子ども達と取り巻く課題の広域化現象(高田宣葺)
  • ふくしまの高校生から~震災・原発爆発から一年半を経て(立花正人)
【第3回東北地区大会の報告(2012年8月11日 福島大学)】
  • 東日本大震災・教育復興支援シンポジウム報告「いま、ふくしまの子どもとともに歩む―学校・家庭・地土或がすべきこと―」
  • 基調講演「全町避難のなかで子どものより寄り添うこと」(大熊町教育委員会 教育長 武内敏英)
  • パネルディスカッション報告「子どもの声が活かされる教育復興と私たらの役割」
    • 東日本大地震 ―その時、養護教諭として(荒洋子)
    • 自治体を越えた広域連携に取り組むSSWrの役割について(土屋佳子)
    • 県外避難をしている子どもへの支援活動(中鉢博之)
【報告資料】災害復興と学校福祉の展開(3)―スクールソーシャルワーカーのふり返りをもとに―(鈴木庸裕)
【編集後記】
 

1冊500円です。ご希望の方は東北部会(鈴木庸裕・・メールフォームより)までご連絡ください。



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp