本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東北地区ニュース] 第4回 日本学校ソーシャルワーク学会 東北部会大会
 投稿日時: 2013/03/02

共催

特定非営利活動法人福島スクールソーシャルワーカー協会、日本学校ソーシャルワーク学会東北部会

後援

福島県教育委員会、福島県社会福祉士会、日本学校心理士会福島県支部

ご案内

今回の第4回日本学校ソーシャルワーク学会東北部会大会は、福島スクールソーシャルワーカー協会と合同で開催します。午前中は学会会員による課題研究分科会で、高校生・青年期に寄り添うスクールソーシャルワーカーの役割(事例報告)から、幼保小中高を見通した学校ソーシャルワークの課題を考えたいと思います。
午後には、いじめ問題など「損なわれた人と人との関係を築きなおす」取り組みをめぐる講座を開催します。
私たちにとって、まだまだ震災後の教育復興に目を向けなければなりません。この大会では、あわせて、これから学校・家庭・地域とのつながりの中で、何を考え、何を行動していかなければならないかについても深めていきたいと思います。大勢の方々の参加をお待ちしております。

日時

2013年3月2日(土曜) 13:00-16:00(受付12:30~)

場所

福島大学 総合教育研究センター 特別教室(地図)(※駐車場あり)

対象

学会会員、教育機関・学校園等の教職員、学校心理士、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、教育相談員、児童福祉・保健福祉機関の相談員、保育士、市民、学生・院生

定員

100名

参加費

無料

スケジュール

時間 内容
10:00- 受付
10:1-12:00 【東北部会 課題研究分科会】「高校における学校ソーシャルワークと発達課題」
福島県スクールソーシャルワーカー(定時制高校)、他
13:00-16:00 【講座】(福島スクールソーシャルワーカー協会との合同開催)
「いじめ問題―解決への新たな道筋を探る―修復的アプローチを学ぶ―」
講師:山下英三郎さん(日本社会事業大学・名誉教授、日本スクールソーシャルワーク協会・前会長)

申込方法

参加ご希望の方は、ご氏名や所属等を下記のファックスかメールでお送りください(書式自由)。

問合せ先

福島大学大学院学校臨床心理専攻学校福祉臨床領域 鈴木庸裕研究室 〒960-1296 福島市金谷川1
TEL/FAX:024-548-8114
E-mail:ssw@educ.fukushima-u.ac.jp



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp