本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東海北陸地区ニュース] 東海・北陸地区研修会:北陸地区のスクールソーシャルワーク
 投稿日時: 2013/02/09
東海・北陸地区

[地区ニュース:東海北陸地区]<日本学校ソーシャルワーク学会 東海・北陸地区研修会>
北陸地区のスクールソーシャルワーク
~スクールソーシャルワーカーの取り組みと展望~

ご案内

いじめ、不登校、非行、児童虐待など、様々な問題を抱えた子どもたちへの対応が教育現場での重要課題とされる中、平成20年度から全国的な導入がはじまった「スクールソーシャルワーカー活用事業」は早5年目となり、北陸地区でも少しずつその認知度が高まっています。
本研修会では北陸地区のスクールソーシャルワーカーの活動を紹介しながら、今後の学校との協働においてどのような相互作用が期待できるかを考えたいと思います。
みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

日時

2013年2月9日(土曜)13:30~17:30

場所

AOSSA 福井市地域交流プラザ 6階 607研修室
福井県福井市手寄1丁目4-1
(JR北陸本線・えちぜん鉄道「福井駅」徒歩1分、北陸自動車道 福井ICより車で15分(地下駐車場あり))

スケジュール

時間 内容
13:00 受付
13:30-15:40

第1部 パネルディスカッション
テーマ:「北陸地区のスクールソーシャルワーク(SSW)の取り組みと展望」
(*フロアとの意見交流あり)

パネラー

  • 清水剛志〔富山県スクールソーシャルワーカー〕
  • 近藤俊英〔福井県スクールソーシャルワーカー〕
  • 酒井伸吾〔石川県発達障害支援センター支援課長〕

 

コーディネーター

  • 佐々木千里〔日本学校ソーシャルワーク学会理事〕

 

15:40-17:20 第2部 基調講演
テーマ「学校現場におけるスクールソーシャルワーカーの活用について」
講師:野田正人〔日本学校ソーシャルワーク学会理事 立命館大学教授〕

参加対象者

スクールソーシャルワーカー、教育関係者、SSWに関心のある方、社会福祉士、精神保健福祉士、学生など

参加費

  • 通常:500円
  • 学生:無料

懇親会

懇親会を行います。会費は4000円です。(要事前申込)

申込方法

「氏名、所属・職名、懇親会の参加の有無」を明記して(社)福井県社会福祉士会宛メールで申し込んでください。

主催

日本学校ソーシャルワーク学会

共催

(社)福井県社会福祉士会 、(社)富山県社会福祉士会 、(社)石川県社会福祉士会

後援

福井県教育委員会、 福井県精神保健福祉士協会、富山県精神保健福祉士協会(いずれも申請中)

司会・進行

竹澤賢樹(福井県社会福祉士会)、上野幸子(石川県社会福祉士会)

パネラー紹介

清水剛志(しみずつよし)

富山市教育委員会スクールソーシャルワーカー・富山県教育委員会ケースアドバイザー。自閉症支援施設に勤務後、2007年NPO法人わいわいサポートしみず社会福祉士事務所を設立。富山福祉短期大学・金城大学非常勤講師。(社)富山県社会福祉士会理事、精神保健福祉士。

近藤俊英(こんどうとしひで)

敦賀市社会福祉協議会、福井県社会福祉士会事務局職員を経て、2011年より社会福祉士事務所「十色」を立ち上げる。現在、福井県丹南・嶺南地域4定時制高校のスクールソーシャルワーカーとしても活動中。社会福祉士。(社)福井県社会福祉士会理事。

酒井伸吾(さかいしんご)

石川県職員で心理職。石川県中央児童相談所及び七尾児童相談所(不登校、非行、虐待等)、親子通所センター(自閉症児、重症心身障害児の通所指導)、知的障害者更生施設『錦城学園』(強度行動障害棟)を経て、平成21年度より石川県発達障害支援センター支援課長。

コーディネーター紹介

佐々木千里(ささきちさと)

公立中学校教員やフリースクール等の講師をへて、2005年から大阪府内寝屋川市等でスクールソーシャルワーカーとして活動。京都(市・府)や静岡県などでSSW・スーパーバイザー。立命館大学・金城学院大学でスクールソーシャルワーク論を担当。社会福祉士。

講師紹介

野田正人(のだまさと)

家裁調査官、花園大学助教授をへて、2000年から立命館大学産業社会学部、同大学院応用人間科学研究科教授。主として非行と虐待に関する、司法福祉、児童福祉、教育臨床を専攻。文科省「生徒指導提要」作成協力者、厚労省「児童自立支援施設運営指針作成ワーキング」委員、滋賀県臨床心理士会会長、滋賀県社会福祉士会理事。各地でSSW・SCのスーパーバイザー。



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp