本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東北地区ニュース] 日本学校ソーシャルワーク学会東北地区大会2011
 投稿日時: 2011/12/03

日本学校ソーシャルワーク学会東北地区大会2011
いま、東北のスクールソーシャルワーカーは
―災害復興と向き合う中で―

主催

日本学校ソーシャルワーク学会 東北地区部会

共催

福島大学総合教育研究センター、NPO法人福島スクールソーシャルワーカー協会

後援

福島県教育委員会、福島県社会福祉士会、福島県精神保健福祉士協会、福島県臨床心理士会、日本学校心理士会福島支部(以上申請中)

ご案内

東日本大震災後の歩みをふり返り、これからスクールソーシャルワーカーが学校・家庭・地域とのつながりの中で、何を考え、何を行動していかなければならないか。

今回は主に岩手・宮城・福島3県のスクールソーシャルワーカーや教育関係者の現実の声をもとに、パネルディスカッション形式で、このテーマに臨みたいと思います。

1000年に1度と言われる今回の震災は、言葉にはならない喪失と苦悩、不安を子ども、学校、家庭、地域に突きつけました。 その支援において、教職員、保護者、諸専門職、地域関係者の連携という課題が、大きな教訓として浮き彫りになりました。 スクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラー、教職員、行政関係者などとの協働連携、教育行政と福祉行政のつながり、被災家族の生活再建支援、都道府県・自治体を超えた広域連携、未成年後見、補償問題、地域復興との関わりなど、まだ見えないものも数多くあります。 それらを子どもやその家庭を取り巻く教育、保健、福祉、心理、医療、司法等の領域とのネットワークのなかで問い直してみる。 そういった機会を、東北の関係者とともに、そして全国の関係者の方々と共有できる場を設けました。

ご遠方からも、大勢の方の参加をお待ちしております。

 

日時

平成23年12月3日(土曜日) 13:00-16:00(受付12:30)

場所

福島大学 総合教育研究センター 特別教室(福島大学構内案内図
(〒960-1296 福島県福島市金谷川1番地

対象

教育機関・学校園等の教職員、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、学校心理士、教育相談員、児童福祉・保健福祉機関の相談員、市民、学生・院生

定員

170名

スケジュール

時間 内容
12:30- 受付
13:00-16:00 【パネルディスカッション】
「スクールソーシャルワーカーは誰と何をしてきたのか。気づきと願いを読み拓く」
報告者:岩手・宮城・福島より複数のスクールソーシャルワーカーや学校関係者の登壇を予定しています。
趣旨説明・司会:鈴木庸裕(福島大学)

*終了後、情報交換会をおこないます。軽食を準備します。参加費500円(当日)

申込方法

参加ご希望の方(情報交換会を含む)は、ご氏名や所属等を下記宛のファックス、あるいはメールでお送りください。

お問い合わせ

福島大学大学院学校臨床心理専攻学校福祉臨床領域 鈴木庸裕研究室
〒960-1296 福島市金谷川1
TEL/FAX:024-548-8114
上記宛メールアドレス



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp