本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

地区ニュース

[東北地区ニュース]  東北地区(山形)研修会「子どもを支えるネットワークをどう築いていくか」
 投稿日時: 2011/02/19

平成22年度日本学校ソーシャルワーク学会主催 東北地区(山形)研修会
子どもを支えるネットワークをどう築いていくか
~学校と関係機関とのよりよい協働を目指して~

ご案内

「スクールソーシャルワーカー活用事業」は、予算が削減したことなどによって、東北においては縮小傾向にあります。 しかし、複雑・多様化した今の子どもたちの抱える問題に対して、ソーシャルワークの視点で取り組んでいくことの必要性を実感した方々は、「スクールソーシャルワーカー」という名称でなくても実践を広げています。
そこで、子どもを中心にしたネットワークづくりや、ネットワークを活用したコーディネートのしかたについて学び、学校ソーシャルワークによる支援の進め方について理解を深める研修を開催いたします。 子どもの問題に関心のある多くの方々にご参加いただければと思います。

日時

2011年2月19日(土曜)10:30-15:30

場所

山形市総合福祉センター 会議研修室2
〒990-0832 山形市城西町2-2-22(TEL:023-645-9070)

対象

学校ソーシャルワークに興味や関心のある方
(スクールソーシャルワーカー、子どもふれあいサポーター、相談員、支援員、教員、保育士、児童館職員、地域の保健・福祉・医療の専門機関で相談業務に関わる方など)

日程

時間 内容
10:00-10:30 受付
10:30-12:00 基礎研修講座「子どものニーズに応える学校の支援体制づくり」
講師:鈴木庸裕(福島大学教授)、他
12:00-13:00 昼食
13:00-15:30 専門研修演習「学校ソーシャルワークを活用した支援方法」
講師:小関悦子(山形県子どもふれあいサポーター)

参加費

1,000円

申込方法

当サイトのお問合せページから東北地区担当の高橋をクリックしてお申し込みください。

問い合わせ先

TEL:090-3647-6174(高橋恵里香:東北地区担当理事)



地区ニュース一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp