本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2017/01/08

日時・場所:2017年2月10日(金)13時~17時 札幌学院大学 社会連携センター 301教室(3階)
                    札幌市中央区大通西6丁目(南大通)札幌学院大学社会連携センタービル
                   (地下鉄「大通」駅1番出口より徒歩1分)*駐車スペースなし

 

開催趣旨

 

全国で始まったスクールソーシャルワーカー活用事業は丸7年を経過し、北海道におけるスクールソーシャルワーカーの支援実績も徐々に各地で積み重ねられてきています。他方で、人数や雇用体制のみならず、よりよい実践にむけての研修やスーパービジョン体制、教育委員会との協働体制、学校との連携のあり方には課題も多く、現場レベルで工夫が重ねられているところです。そのような個々のスクールソーシャルワーカーや教育委員会担当者を支援する研修機会は、北海道内では必ずしも多くはない現状です。
そこで今回、スクールソーシャルワーカー活用事業の関係者有志と日本学校ソーシャルワーク学会北海道ブロックが共催で、実践内容を効果的に振り返ることで今後につなげていくための研修会を企画しました。今回はスーパービジョン体制の整備・強化について検討します。道内のスクールソーシャルワーカーや教育委員会担当者の方のご参加をお待ちしています。

 

研修目的

 

「スーパービジョン体制の整備・強化にむけた実践の振り返り」
本州の先進地域および道内市町の取り組みに関する情報提供を受け、各市町でのスーパービジョン体制等について検討する。また、「効果的なスクールソーシャルワーク事業プログラム」(大阪府立大学)のチェック項目を活用して、参加者間でスーパービジョン体制に関する振り返りと今後にむけた課題抽出を行う。

 

対象者・参加費

 

道内のスクールソーシャルワーカー、SSW活用事業を行っている教育委員会の担当者。上記以外の方で参加希望の方は申し込み先へご相談ください。参加費は無料です。

 

内容

 

1.SSWのスーパービジョン体制についての国内外の先進事例について
      レクチャー 講師:大友秀治(北星学園大学)/ゲスト:上野裕司氏 尼崎市福祉事務所生活支援相談課
2.道内の取り組みの紹介(2つの市から報告予定)
3.「効果的なスクールソーシャルワーク事業プログラム」(大阪府立大学)の項目を用いた実践振り返り
      ①現状共有、②プログラムの項目を活用したグループワーク、③全体で共有、まとめ

 

主催

 

本研修はスクールソーシャルワーカー活用事業の関係者有志と、日本学校ソーシャルワーク学会北海道ブロックとの共催です。(SSW活用事業関係者有志:北海道教育委員会SSW活用事業スーパーバイザー横山登志子・      エリアスーパーバイザー 大友秀治)

 

申込先・問い合わせ先(メールで1月31日までにご連絡お願いします

 

横山登志子(札幌学院大学人文学部人間科学科) メールアドレス:ty71kori@sgu.ac.jp
参加申込の際は、タイトルに「参加申込」と記載していただき、本文に氏名・所属・職名・メールアドレス・電話話番号をご記載ください。

 

こちらからPDFファイル(76.6KB)をダウンロードできます。



地区ニュース一覧ページへ




地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2016/02/02

第7回 北海道地区スクールソーシャルワーカー勉強会のご案内

 

日本学校ソーシャルワーク学会・北海道地区では、北海道全体のスクールソーシャルワーカーの実践の向上を目指していくことを目標とし、毎年ワーカー同志の率直な意見交換ができる勉強会を開催しております。
つきましては、年度末の折りご多忙のこととは存じますが、実際に現場でご活躍されている皆様にご出席いただけますよう、お願い申し上げます。

 

日本学校ソーシャルワーク学会 北海道地区世話人

 

参加対象者:
現任のスクールソーシャルワーカー または日本学校ソーシャルワーク学会員で、守秘義務を守っていただける方
日時:
2016年3月19日(土)
場所:
北海道医療大学 札幌サテライトキャンパス 講義室B
(札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12F)
JR「札幌駅」、地下鉄「さっぽろ駅」から徒歩3分
時間:
13時~17時
内容:
①実践事例検討
②SSWrの実践報告

 

詳しくはこちらをご覧ください。



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2015/11/21

テーマ:教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法~修復的アプローチの実践的活用~

対象

小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、その他医療・福祉関係者

日程

2015年11月21日(土曜)13時~16時30分

会場

北海道医療大学 あいの里キャンパス 4階4-5講義室(札幌市北区あいの里2条5丁目)

JR学園都市線「あいの里教育大駅(札幌から約23分)」下車、徒歩5分

参加費

1,000円(学生500円)

定員

80名(先着順とさせていただきます)

※申し込みについては、ページ下部の「申し込み方法」をご覧ください

趣旨

北海道において、スクールソーシャルワーカーが学校での支援を開始して9年目を迎え、徐々に教諭や他職種と協働した支援展開の効果が報告されてきています。
これらの教諭とスクールソーシャルワーカーが協働して支援する問題の中には、「いじめ」も含まれます。
2013年には『いじめ防止対策推進法』が制定され、いじめの対応と防止に関しての学校や行政の責務が規定され、学校現場においてはいじめの防止のみならず、すでに生じているトラブルを効果的に解決する方法を模索している最中でもあります。
そこで本年度研修会におきましては、「個人あるいは集団において生じる葛藤・対立を、関係者相互が対話によって平和的に解決する方法」としての『修復的アプローチ』について学びます。
さらに、修復的アプローチのイメージを具体的に理解するために、事例形式での演習も行います。

※修復的アプローチ(Restorative Approaches)とは・・・刑事司法分野における加害・被害という関係にとどまらず、個人対個人、あるいは個人と集団、さらには集団と集団の間に生 じるコンフリクト(対立・紛争)を、利害が対立する当事者間にファシリテーターが介在し、平和的な方法によって関係の修復を図ろうとする理念及び方法。

※本研修会に参加される方は、事前にyoutubeにて「修復的対話」についての動画を視聴されることを推奨します:修復的対話(コンファレンス編)
なお、研修会当日12時30分より会場にて当該動画を再生しておりますので、事前に視聴できる環境がない場合は 会場にお早めにお越し下さい。

プログラム

時間 内容
12:00- 受付
13:00-13:05 開会挨拶・オリエンテーション
13:05-14:35 【講義】「修復的アプローチとは」
山下英三郎氏(日本社会事業大学大学院特任教授)
14:45-16:20 演習

講師紹介

山下 英三郎 氏

日本社会事業大学大学院特任教授 日本スクールソーシャルワーク協会名誉会長。

1986年から埼玉県所沢市において、わが国で初のスクールソーシャルワーカーとして実践活動を行う。

1987年から2010年までフリースペースの運営に携わる。また、1999年から今日に至るまでモンゴルの児童支援を継続している。

<主な著書>
『いじめ・損なわれた関係を築きなおす―修復的対話というアプローチ』(学苑社、2010年)、『新スクールソーシャルワーク論 子どもを中心にすえた理論と実践』(学苑社、2012年)、 『修復的アプローチとソーシャルワーク―調和的な関係構築への手がかり』(明石書店、2012年)などスクールソーシャルワーク関係著書多数

後援

  • 北海道教育委員会
  • 札幌市教育委員会
  • 北海道社会福祉士会
  • 北海道精神保健福祉士協会
  • 北海道医療大学

申し込み方法

研修会チラシ2ページ目に必要事項をご記入のうえ、FAXにて参加をお申し込み下さい。

宛先:北海道医療大学 福間研究室(FAX:0133-23-3242)

申し込み締め切り:11月13日(金曜)

問い合わせ

北海道医療大学 看護福祉学部 福間 麻紀
TEL:0133-23-1211(内 3611)/直通TEL・FAX:0133-23-3242
※お問い合わせは、電話が繋がらない場合はFAXでお願いします。折り返しご連絡させていただきます。



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2013/09/14
北海道地区

テーマ:教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法~発達障害を抱える子どもたちのために~

対象

学校及び教育・福祉・心理関係機関(スクールソーシャルワーカー〔SSWr〕、小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールカウンセラー、福祉関係者)

日程

2013年9月14日(土曜)13時~16時30分

会場

北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2-3-1(地下鉄大谷地駅3番出口徒歩5分)

参加費

1,000円(学生500円)

※参加方法は、ページ下部の「申し込み」をご覧ください

趣旨

SSWrが学校での支援を開始して6年目を迎え、学校ではSSWrによる支援を蓄積してきています。
加えて、学校をベースとしてSSWr、教諭、他職種が協働した支援展開の効果が報告されてきています。
同時に、芋づる式にSSWrの要請が増加しているという地域の報告も増え、さらなる期待が寄せられています。
こうした現状において、日々子どもに向き合っている教諭、そして子ども家庭の福祉支援を行うSSWrにはさらに効果的な支援を追及していくことが求められます。

本年度におきましては、教諭とSSWrの協働をテーマに、特別支援学級、通常学級に在籍する「発達障害を抱える子ども家庭」に対する支援のあり方と展開の方法について学びます。
さらに、シンポジストを招いて実践報告をいただき、効果的、具体的な実践方法について報告いただきます。

プログラム

時間 内容
12:30- 受付
13:00-13:15 趣旨説明・オリエンテーション
13:15-14:15 【講演】「発達障害児・家族に対する支援のあり方」
安原佳子氏(桃山学院大学教授)
14:30-16:30 【シンポジウム】「学校現場における発達障害を抱える子ども家族に対する支援実践を通じて」
  • 司会:高野和美氏(札幌市SSWr)
  • 指定討論者:安原佳子氏(桃山学院大学教授)
  • シンポジスト:鹿川靖子氏(帯広市教育委員会SSWr)
  • シンポジスト:丸山芳孝氏(発達障害者支援道東地域センターきら星センター長)

講師紹介

安原 佳子[やすはら よしこ]氏(桃山学院大学教授)

大阪府立大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程単位取得中退。(財)子供の城療育センター等での発達・療育相談(~1998年)を経て、1998年より桃山学院大学社会学部社会福祉学科に勤務。保育園や小中学校での障がいのある子どもに関する巡回相談にも携わっている。専門は、障害児療育、応用行動分析、発達心理学。現在の主な研究テーマは スクールソーシャルワークと特別支援教育。

後援(予定)

  • 北海道教育委員会
  • 札幌市教育委員会
  • 北海道社会福祉士会
  • 北海道精神保健福祉士協会

申し込み

北星学園大学 久能研究室 宛
FAX:011-896-7660

記入事項

  1. 北星学園大学久能研究室宛
  2. 「SSWr研修会参加申し込み」 との記載
  3. 所属
  4. 氏名

※書式は任意ですが、フォームもご利用ください。

締め切り

8月31日(土曜)

問い合わせ

久能由弥(北星学園大学 教授)
TEL:011-891-2731(内1406)
FAX:011-896-7660

※8月中は不在が多く、電話が繋がらない場合、問い合わせをファックスでいただけると助かります。折り返しご連絡させていただきます。



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2012/08/18

テーマ:教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法~困難を抱えた子どものために~

対象

学校及び教育・福祉・心理関係機関(スクールソーシャルワーカー〔SSWr〕、小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールカウンセラー〔SC〕、福祉関係者)

日程

2011年8月18日(土曜)9時30分~12時30分

会場

北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2-3-1(地下鉄大谷地駅3番出口徒歩5分)

参加費

1,000円
※参加方法は、ページ下部の「申し込み」をご覧ください

趣旨

SSWrが学校での支援を開始して5年目を迎え、学校ではSSWrによる支援を蓄積してきています。
芋づる式にSSWrの要請が増加しているという地域の報告も増え、ますます学校をベースとした多職種の協働による支援が求められています。
日々子どもに向き合っている教諭にも、そして子ども家庭の福祉支援を展開するSSWrにも効果的な支援を追及していくことが求められます。

昨年度の研修会では、教諭とSSWrが教育とソーシャルワークの両方を研修するスタイルをとり、教諭の臨床力の向上に向けて援助方法論を蓄積している臨床教育学の知見を学び、教諭とSSWrとの効果的な協働の在り方を学びました。

本年度においては、引き続き協働をテーマとしながら、さらに一歩進んで、教諭とSSWrの協働の方法をテーマに、より実践的な支援の展開の方法について学びます。
さらに、シンポジストを招いて実践報告をいただき、効果的・効率的な具体的な展開方法について報告いただきます。

プログラム

時間 内容
9:00- 受付
9:30-9:45 趣旨説明・オリエンテーション
9:45-10:45 【講演】「教師とスクールソーシャルワーカーによる協働の方法」
岩田美香氏(法政大学教授/日本学校ソーシャルワーク学会理事)
10:45-12:30 【シンポジウム】
  • 司会:久能由弥氏(北海道SSWr活用事業SV/北星学園大学准教授)
  • 指定討論者:岩田美香氏(法政大学教授/日本学校ソーシャルワーク学会理事)
「学校現場におけるスクールソーシャルワーク実践を通じて」
  • シンポジスト:蝶野昌利氏(苫小牧市教育委員会SSWr活用事業SV)
  • シンポジスト:松井祐子氏(札幌市教育委員会スクールソーシャルワーカー)

講師紹介

岩田美香氏(法政大学教授/日本学校ソーシャルワーク学会理事)

岩田美香先生は、前北海道大学教育学部准教授、北海道医療大学准教授として北海道の教育福祉領域において実証的研究を蓄積されてこられました。 子どもたちの貧困、母子家庭の生活のしづらさに関して造詣が深く、貧困との関係より子ども家庭への支援の重要性について言及されておられます。 また、日本学校ソーシャルワーク学会北海道理事を務められ、北海道のスクールソーシャルワークの発展に尽力されました。 こうした教育福祉実践のお立場より、教諭とスクールソーシャルワーカーとの連携・協働の方法についてご講演をいただきます。

後援(予定)

  • 北海道教育委員会
  • 札幌市教育委員会
  • 北海道社会福祉士会
  • 北海道精神保健福祉士協会

申し込み

北星学園大学 久能研究室 宛
FAX:011-896-7660

記入事項

  1. 北星学園大学久能研究室宛
  2. 「SSW研修会参加申し込み」 との記載
  3. 所属
  4. 氏名

※書式は任意ですが、フォームもご利用ください。

締め切り

8月10日(金曜)

問い合わせ

久能由弥(北星学園大学 准教授)
TEL:011-891-2731(内1406)
FAX:011-896-7660



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2012/03/24

日時

2012年3月24日(土曜)13-17時

場所

北星学園大学 第二研究棟第三共同研究室
北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1
※北星学園大学へは、JR新札幌駅→地下鉄大谷地駅5分→徒歩5分。または、高速バス停留所大谷地より3分。

内容

  1. 実践事例検討
  2. 北海道SSWの実践の方法の検討―現実的課題報告と意見交換

出欠の連絡方法

Emailでご返信願います。返信〆切は、3月10日

アドレス

kunouy@hokusei.ac.jp

タイトル

「SSW研究会の出欠の返信」

返信内容

  1. 研究会の出席・欠席
  2. 親睦会の出席・欠席(研究会終了後)
  3. 所属・ご氏名

ご案内

北海道、札幌市の垣根を越えて、そして実際に現場で活躍されるスクールソーシャルワーカーにご出席いただき、率直な意見交換ができる会を開催したいと思っております。
つきましては、是非、ご出席くださるようご案内申し上げます。
なお、研究会終了後に懇親会を予定しております。この機会に親睦を重ね、美味しいものを食べてざっくばらんな交流ができればと思っておりますので、ぜひ、ご参加ください。

連絡先

久能由弥(北星学園大学准教授・北海道SSW活用事業エリアSV)



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2011/08/20

テーマ:教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力の向上と協働の在り方~困難を抱えた子どものために~

対象

学校及び教育・福祉・心理関係機関(スクールソーシャルワーカー〔SSWr〕、小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールカウンセラー〔SC〕、その他の関係者)

日程

2011年8月20日(土曜)13時~16時30分

会場

北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2-3-1(地下鉄大谷地駅3番出口徒歩5分)

参加費

1,000円

趣旨

SSWrが学校での支援を開始して4年目を迎え、学校ではSSWrによる支援を蓄積してきています。 芋づる式にSSWrの要請が増加しているという地域の報告も増え、ますます学校をベースとした多職種の協働による支援が求められています。 その背景には、困難を抱える子ども家庭の置かれた状況の深刻さがあります。 それゆえ、日々子どもに向き合っている教諭にも、そして子ども家庭の福祉支援を展開するSSWrにも効果的な支援を追及していくことが求められます。
そこで本研修会では、上記問題意識を共有し、教諭とSSWrが教育とソーシャルワークの両方を研修するスタイルをとり、教諭の臨床力の向上に向けて援助方法論を蓄積している臨床教育学の知見を学び、教諭とSSWrとの効果的な協働の在り方を学びます。 さらに、シンポジストを招いて実践報告をいただき、効果的な支援を展開するための具体的方法について検討します。

プログラム

時間 内容
12:30- 受付
13:00-13:15 趣旨説明・オリエンテーション
13:15-14:15 【講演】「教師の教育臨床力の向上とスクールソーシャルワーカーとの協働」
庄井良信氏(北海道教育大学大学院教授)
14:30-16:30 【シンポジウム】
  1. 司会:久能由弥氏(北星学園大学准教授)
  2. コメンテーター:庄井良信氏(北海道教育大学大学院教授)
  3. 指定討論者:米本秀仁氏(北星学園大学教授/北海道SSWr活用事業SV)
「スクールソーシャルワーカーとの協働を経験して」
  1. シンポジスト:貴戸紀彦氏(札幌市立南郷小学校 校長)
「学校現場におけるスクールソーシャルワーク実践を通じて」
  1. シンポジスト:高野和美氏(札幌市教育委員会スクールソーシャルワーカー)
  2. シンポジスト:久田到氏(富良野市教育委員会スクールソーシャルワーカー)

講師紹介

庄井良信氏 北海道教育大学大学院教授/日本臨床教育学会理事

全国に先駆けて、教師のための北海道臨床教育学会が設立されました。
臨床教育学会は、日本の社会と子どもの生存・発達の「危機」のなかで、子ども理解を深め、子どもを支える新しい共同関係を探り、築くことを目的として、発達援助専門職や教育職の人々、研究職にある人々が互いに協働して、その専門性を問い直し、人間発達援助に関する新たな臨床知を探求する学術研究の組織です。
庄井先生はこの学会の中核を担っておられます。

また、庄井先生は実践面において造詣が深く、これまでソーシャルワーカーとの協働のご経験も蓄積されておられます。
こうした教育臨床学実践の立場より、教諭とスクールソーシャルワーカーとの連携・協働の在り方と方法についてご講演をいただきます。

後援

  • 北海道教育委員会
  • 札幌市教育委員会
  • 北海道社会福祉士会

申し込み

北星学園大学 久能研究室 宛
FAX:011-0896-7660

記入事項

  1. 北星学園大学久能研究室宛 との記載
  2. 「SSW研修会参加申し込み」 との記載
  3. 所属
  4. 氏名

※書式は任意です

締め切り

8月10日(水曜)

問い合わせ

久能由弥(北星学園大学 准教授)
TEL:011-891-2731(内1406)
FAX:011-896-7660



地区ニュース一覧ページへ


 投稿日時: 2011/03/26

主催

日本学校ソーシャルワーク学会北海道地区

日時

2011年3月26日(土曜)

場所

北星学園大学 第二研究棟第三共同研究室
北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

案内対象

・北海道内スクールソーシャルワーカー
・SSW学会会員
・北海道社会福祉士会 SSW部会
・SSW実習施設・機関

目的

1.SSWの実践の向上
2.SSW間の連携
3.社会福祉士会SSW部会と現場SSWとの連携

方法

・事例検討(特別支援ニーズのある子どもと家庭への支援の実際)
・北海道における配置の実態と課題および介入の方法に関する意見交換
・親睦会

備考

※遠方の北海道SSWにはご案内を控えておりますが、ご出席できるようでしたら(大歓迎ですので)、北星学園大学久能までお申し込みください。

連絡先

北星学園大学社会福祉学部
久能 由弥
TEL:011-891-2731(代表)
TEL:011-891-2751:内1406(直通)
E-mail:kunouy@hokusei.ac.jp



地区ニュース一覧ページへ


(1) 2 »

ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学社会福祉学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp