本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

2011年度スクールソーシャルワーク研修会
 投稿日時: 2012-02-28

共催

  • 社団法人群馬県社会福祉士会
  • 日本学校ソーシャルワーク学会

ご案内

文部科学省の施策として、学校現場でソーシャルワーカーが活用されるようになり、4年が経過しようとしています。 当初、群馬県は積極的に活用を進め県下5教育事務所管内の5中学校にスクールソーシャルワーカーを配置しましたが、現在では県としては本事業からは撤退し、県内でスクールソーシャルワーカーを配置している自治体は高崎市のみとなっています。

高崎市は群馬県が撤退したあとも、スクールソーシャルワーカーの有効性を認め、厳しい財政状況の中から市単独の予算の中から適応指導教室の支援員や教育センターの相談員をSSWerとして活用しながらSSW実践を継続してきています。

そこで、スクールソーシャルワーク委員会では、会員へのスクールソーシャルワーク実践の周知と職域拡大に寄与することを目的に、下記の内容で「スクールソーシャルワーク研修会」を企画しました。

本研修会では、高崎市のSSW配置事業の概要について学ぶとともに、学校現場でのSSW実践のあり方について、高崎市内中学校での実践報告を通して具体的に学んでいきたいと思います。

会員および教育関係者で参加希望の方は、申込先メールアドレス宛、期日までに所属と氏名をご連絡の上、ぜひご参加ください。

内容

テーマ

群馬県におけるスクールソーシャルワーカー活用事業の現状と課題
―高崎市教育委員会のスクールソーシャルワーカー配置事業を中心に―

基調報告

群馬県におけるSSW活用事業の動向
大崎広行会員(目白大学)

行政報告

高崎市のSSW配置事業について
古澤浩明氏(高崎市教育委員会指導主事)

実践報告

高崎市立A中学校におけるSSW実践
高木政代会員(高崎市SSWer)

開催日時

2月28日(火曜)18:30-21:00

会場

群馬県社会福祉総合センター203B会議室

参加申込期限

2月24日(金曜)

参加費

無料

連絡先

〒371-0854 前橋市大渡町1-10-7 群馬県公社総合ビル5階
群馬県社会福祉士会事務局(TEL/FAX:027-212-8388、gunma-csw@mxa.fitenet.ne.jp)

連絡先・申込先

e-mail:sswgunma@yahoo.co.jp



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp