本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

温泉に入って語り合いみんなで楽しもう in 仙台!
 投稿日時: 2011-07-02

ご案内

2011.3.11に発生した東日本大震災は、想像を超える被害をもたらしています。 地震、津波、原発、そして風評被害の「四重苦」という表現もされています。 この間、メーリング等で会員たちが被災地の状況や受け入れに当たって留意しておくべきことなど、それぞれの立場から発信し情報交流をしてきました。 しかし、メーリングだけではお互いに伝えきれないことがたくさんあります。また、時間の経過とともに状況も変化し一緒に考えていきたい課題も出てくることと思います。

そこで、それぞれが体験したこと、感じたこと、今後検討したいことなど、顔を合わせて大いに語り合う機会をもちたいと思います。 名湯「秋保(アキウ)温泉」の優しいお湯に、ゆったりとつかり、おいしい東北の食材と地酒を味わい、みんなで楽しく過ごしましょう。 帰りの土産は、明日へのやる気と元気、そして地元の特産物です。

(発起人:高橋恵里香、佐々木千里)

日時

2011年7月2日(土曜)~3日(日曜)

場所

秋保の郷 ばんじ家(〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字薬師40-2、TEL:022-397-3156)

日程

7月2日

時間 内容
15:00- 「みんなで語ろう―東日本大震災を通して―」
18:00- 懇親会

7月3日

時間 内容
10:00- 解散

対象

学校ソーシャルワーク学会 会員 30名程度

その他

一定の時間にある程度の人数が揃えば仙台駅からの送迎をお願いすることができます。

会費は、15,000円程度と考えています。

余震等で交通機関がマヒしたり、ライフラインが止まった際には、中止となる場合がありますので、そういったことをご了解いただき、自己責任でご参加下さるようにお願いします。

申込み

髙橋までメールで連絡してください。締切は5月20日です。



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp