本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

日本学校ソーシャルワーク学会関東甲信越地区「学校ソーシャルワーク」シンポジウム 群馬県におけるスクールソーシャルワーカー活用事業の成果と課題
 投稿日時: 2010-03-13

主催

日本学校ソーシャルワーク学会(関東甲信越地区世話人会)

ご案内

いじめや非行、不登校や虐待、貧困など、今、学校現場を取り巻く環境は、とても厳しいものがあります。こうした問題を乗り越えるための一つの方策として、文部科学省は、平成20年4月より「スクールソーシャルワーク」(スクールソーシャルワーカー活用事業)を学校現場に導入しました。
群馬県や高崎市では、全国に先駆けて平成19 年度より試行的にスクールソーシャルワーカーの活用事業を実施してきています。今年度も群馬県では5名のスクールソーシャルワーカーが、高崎市では1名のスクールソーシャルワーカーが中学校や教育委員会に配置され大きな成果を上げています。
「スクールソーシャルワーカー活用事業」は、現在、全国46 都道府県で実施されており、来年度も市町村レベルでスクールソーシャルワーカーを活用する自治体数は増加傾向にあります。本事業の中では、これまでの実践を通して、スクールソーシャルワーカーの任用基準やスクールカウンセラーとの役割分担など、様々な課題が見えてきています。群馬県内での本事業の実践も今年で3年目を迎え、今後の展開を確認する時期に来ています。
そこで、本シンポジウムでは、これまでの本事業の成果と課題を明らかにしつつ、「スクールソーシャルワーク」本来の意味や意義、今後の可能性について考えていきたいと思います。スクールソーシャルワークに関心がある人も、この言葉を初めて耳にする人も、少しでもスクールソーシャルワークに関心を持った方はぜひご参加ください。

期日

2010年3月13日(土) 18:00~21:00 (受付 17:30~)

会場

高崎市産業創造館多目的ホール(高崎市下之城町936-14) 高崎駅周辺の宿泊(楽天トラベル)

シンポジウムの内容

時間 内容
17:30- 受付
18:00-19:10 (基調講演)
「“What is School Social Work"~スクールソーシャルワークの意義と課題~」
講師:大崎 広行(目白大学 准教授)
19:10-21:00 (シンポジウム)
「群馬県におけるスクールソーシャルワーカー活用事業の成果と課題」
シンポジスト:
  • 荻原孝英(群馬県教育委員会義務教育課指導主事)
  • 川和玲子(群馬県スクールソーシャルワーカー:前橋市立東中学校)
  • 橋爪幸雄(高崎市教育委員会指導主事)
  • 高木政代(高崎市スクールソーシャルワーカー:高崎市立並榎中学校)
コーディネーター:
  • 大崎 広行(安中市立第二中学校スクールカウンセラー・目白大学)

参加費

無料

参加方法

sswkanto@yahoo.co.jpまで、氏名・所属・職業をメールにて送信してください。(定員100 名先着順)

問い合わせ先

<日本学校ソーシャルワーク学会関東甲信越地区担当理事・世話人>
〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1 目白大学 人間福祉学科 大崎研究室
TEL 03-5996-3164 FAX 03-5996-3060 E-mail osaki@mejiro.ac.jp



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp