本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

日本学校ソーシャルワーク学会 東北地区大会
 投稿日時: 2009-10-24

開催趣旨

初めて学校におけるソーシャルワークに取り組んだ教育委員会やスクールソーシャルワーカー等,それぞれ模索しながら活動する中で,少しずつスクールソーシャルワーカーの役割や機能が認知され評価されてきている。今後,その定着を図っていくためには,東北の文化や風土に根づいたソーシャルワークの方法を研究し,確立していく必要がある。そこで,東北における学校におけるソーシャルワークの実践を検討し力量形成を図る機会を設ける。

後援

  • 福島県社会福祉士会
  • 福島県精神保健福祉士会
  • 福島県教育委員
  • NPO法人福島スクールソーシャルワーカー協会
  • 福島大学

日時

2009年10月24日,土曜日

会場

福島大学(JR福島駅からのぼり2つめの金谷川駅下車,徒歩5分)→福島大学へのアクセス
福島大学総合教育研修センター・特別教室,演習室→福島大学キャンパスマップ
*車の方は構内の駐車場をご利用ください。

対象

東北地区の本学会会員をはじめ,各地のスクールソーシャルワーカーの現任者,教師や学校等での教育相談や発達支援,専門機関や地域で相談業務に携わる方,社会福祉士,精神保健福祉士,保育士,院生・学生等を対象に,学校,子ども,家庭への相談援助の力量形成を図る。

参加費

学会会員 1000円,一般 2000円

プログラム

時間 内容
10:00 受付
10:30 基調講演「非行臨床から見た子ども・家庭・ソーシャルワーク(仮)」
講師
  • 福島家庭裁判所いわき支部 家裁調査官 田中敏政氏
~13:00 昼食
13:00-16:00 事例検討学習分科会(いずれも仮題)
  1. チームづくりと社会資源の開発を通じたネグレクトや長期欠席児への支援
    (宮地さつき氏・福島県スクールソーシャルワーカー・社会福祉士)
  2. 医療の現場で出会う子どもや家族へのアセスメントと支援
    (安藤操里氏・宮城県スクールソーシャルワーカー・精神保健福祉士・古川緑ヶ丘病院 PSW )
  3. 中学校卒業後の進路支援とソーシャルワーク
    (鹿島丈夫氏・福島県スクールソーシャルワーカー・社会福祉士・鹿島熊谷社会福祉士事務所)

*終了後1時間半程度,懇親会(ジュースと軽食で・別途徴収1000円)
*2次会は福島駅前で(お泊まりの方は各自で→福島駅周辺の宿泊施設【楽天トラベル】)
*昼食は大学生協の購買・食堂をご利用ください。

定員

60名

申し込み方法

10月20日までに,下記のメール,あるいはFAXで,氏名,所属,連絡先(TEL)等を明記してお送りください。個人情報は大会運営にのみ使用します。
大会終了後の「懇親会」,「2次会」への参加の有無についてもお知らせください。

問い合わせ先

日本学校ソーシャルワーク学会
東北地区大会運営委員会事務局 鈴木庸裕
〒960-1296 福島市金谷川1番地 福島大学大学院人間発達文化研究科

E-mail
nsuzuki@educ.fukushima-u.ac.jp
TEL & FAX
024-548-8114


活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp