本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

学校ソーシャルワーク研修会(福岡県春日市)
 投稿日時: 2009-08-24

主催

  • 社団法人福岡県社会福祉士会
  • 福岡県精神保健福祉士協会
  • 日本学校ソーシャルワーク学会

後援

  • 日本社会福祉士会
  • 福岡県教育委員会
  • 福岡市教育委員会
  • 北九州市教育委員会
  • 苅田町教育委員会
  • 筑紫野市教育委員会
  • 福岡県臨床心理士会(依頼中)

研修のねらい

2008年度文部科学省予算にスクールソーシャルワーカー活用事業が計上され全国にスクールソーシャルワーカー(以下、 SSW )が配置されることとなつた。本格的に学校現場でソーシャルワークが展開される中、研究事業の評価対象として SSW の有用性が問われており、福岡県では配置された SSW と関係団体が連携して連絡会を設置し情報共有を図るなど、実践力向上への取り組みを行ってきた。 今回の研修会では、基調講演並びにシンポジウムを通じて、 SSW 、教育関係者、スーパーバィザーの立場から、学校現場でソーシャルワーカーの活用がどのように展開されているのか学ぶことをねらいとする。また、教育・社会福祉分野の学生等に SSW という職業のイメージをつかんでもらうことも念頭に置いた。

研修の日時

2009年8月24日(月)

場所

クローバープラザ 501研修室

対象

各主催団体の会員,スクールソーシャルワーカー,教育関係者,学生(定員70名)。

日程・内容

時間 内容
10:00 開会挨拶
オリエンテーション
10:10 行政報告(20分)
福岡県教育委員会 主事(調整中)
10:30 基調講演「学校現場とソーシャルワーク~スクールソーシャルワーカーの活躍に期待する」
講師 福岡県立大学 教授 門田光司
12:00 昼食休憩(60分)
13:00

15:30
シンポジウム
「学校現場におけるスクールソーシャルワーカーの役割~実践現場からの報告」
シンポジスト
  • 苅田町教育委員会 スクールソーシャルワーカー 野中勝治氏
  • 福岡市教育委員会 スクールソーシャルワーカー 山崎千栄子氏
  • 筑紫野市教育委員会 スクールソーシャルワーカー 松澤秀樹氏
  • 福岡市教育委員会 指導主事 児玉聡氏
  • コーディネーター 門田光司(福岡県立大学)

受講費

各主催団体会員・学生 2,000円

非会員・一般 4,000円

申込み

定員のため締め切りました。 申込書(pdf)にてお申し込みください。
締切りは7月30日です。

問い合わせ先

社団法人福岡県社会福祉士会 事務局 (月~金曜日 9:00-17:00)
〒810-0011 福岡市博多区博多駅前3-9-12-601

TEL
092(483)2944
FAX
092(483)3037
E-mail
fuku-csw@amber.plala.or.jp


活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp