本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

北海道地区「学校ソーシャルワーク基礎研修」
 投稿日時: 2009-03-01

ご案内・申込書

案内・申込書(doc)

主催・共催・後援

主催:日本学校ソーシャルワーク学会・北海道社会福祉士会道央地区支部
共催:社団法人北海道社会福祉士会
後援:北海道教育委員会、札幌市教育委員会(予定)

研修の趣旨

文部科学省は、本年度より「スクールソーシャルワーカー活用事業」を実施しています。北海道内でもスクールソーシャルワーカーが配置され活動をはじめました。スクールソーシャルワーカーとは何か。どういった役割を担うのか。さまざまな模索がある中で、一年を迎えます。

そこで、本会では、日本学校ソーシャルワーク学会北海道地区と共同開催で、スクールソーシャルワーカーや教育関係者、社会福祉関係者、地域関係者、学生等に向けた研修会を開催します。

つきましては、年度末でご多用と存じますが、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

研修の日時

2009年3月1日(日) 13:00 ~ 17:00(受付12:30~)

場所

きょうさいサロン 末広
札幌市中央区北4条西1丁目共済ビル7階

日程・内容

12:30 受付
13:00 開会
13:00~14:00 基調講演「スクールソーシャルワーカー活用事業について」
講師:岡本泰弘(文部科学省初等中等教育局児童生徒課生徒指導第一係長)
14:00~15:00 基礎講座「スクールソーシャルワーカーの仕事と学校支援」
講師:野田正人(立命館大学産業社会学部現代社会学科)
15:10~15:40 「スクールソーシャルワーカーの実践報告」
報告者:鹿川靖子(帯広市スクールソーシャルワーカー)
15:40~16:40 「北海道におけるスクールソーシャルワークの現状と課題」
コーディネーター:岩田美香(北海道大学教育学研究院)

参加費

日本学校ソーシャルワーク学会会員または北海道社会福祉士会会員 無料
非会員500円(当日、学会あるいは福祉士会に入会された方も無料となります)

申込み

申込書(doc)記載のE-mailかFAXにてお申し込みください。(定員:80名)

問い合わせ先

北海道大学教育学研究院 岩田美香
電話 011-706-3114
iwata-m@edu.hokudai.ac.jp



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp