本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

関東甲信越地区「学校ソーシャルワーク基礎研修」(於・群馬県安中市文化センター)
 投稿日時: 2008-11-16

児童生徒・学校支援とスクールソーシャルワーク
~関係機関とのよりよい連携を目ざして~

後援 : 群馬県教育委員会(申請予定)、安中市教育委員会(申請予定)

主催 : 日本学校ソーシャルワーク学会

趣旨

文部科学省は、今年4月より「スクールソーシャルワーカー活用事業」を実施しています。群馬県でも、県下5地区の中学校や教育委員会にスクールソーシャルワーカーを配置しました。しかし、スクールソーシャルワーカーの活動は、スクールカウンセラーの活動に比べて一般にはあまり知られていません。そこで、本シンポジウムでは、スクールソーシャルワークの概要とともに、本県で活躍しているスクールソーシャルワーカーの実践を通して、スクールソーシャルワークの必要性と有効性について、参加者に伝えていきたいと思います。
また、本シンポジウムは、スクールソーシャルワーカーの「基礎研修」としての位置づけと併せて、学校関係者や関係機関、サービス利用者等への啓蒙・周知の場としても位置づけられています。スクールソーシャルワーカーや関係者だけでなく、関心のある方はどなたでもご参加ください。

日時・場所

期日 : 平成20年 11月16日(日)・13:00~17:00
会場 : 安中市文化センター(大会議室)
群馬県安中市安中3-9-63 TEL 027-381-0586
参加費無料
参加方法:直接会場にお越しください。

プログラム

12:30 受付
13:00 開会
(基調講演)
13:00~14:00 「スクールソーシャルワーカー活用事業について」
講師:岡本泰弘(文部科学省児童生徒課生徒指導第一係長)
(基調報告)
14:00~14:20 「群馬県のスクールソーシャルワーカー活用事業について」
講師:角田和志(群馬県教育委員会義務教育課指導主事)
(シンポジウム)
14:30~17:00 「群馬県のスクールソーシャルワーカー活用事業の実際と課題」
シンポジスト:阿久津鈴佳(群馬県スクールソーシャルワーカー:富士見村)
シンポジスト:星 智子(群馬県スクールソーシャルワーカー:安中市)
シンポジスト:角田 雄一(群馬県スクールソーシャルワーカー:前橋市)
シンポジスト:橋爪 幸雄(高崎市教育委員会指導主事)
コーディネーター:大崎 広行(安中市立第一中学校SC・目白大学)

問い合わせ先

<日本学校ソーシャルワーク学会関東甲信越地区担当理事>
〒161-8539 東京都新宿区中落合4?31?1
目白大学 人間福祉学科 大崎研究室
TEL 03?5996?3164 FAX 03?5996?3060
E-mail メールフォームからお問い合わせください。
<日本学校ソーシャルワーク学会事務局>
〒960-1295 福島県福島市金谷1番地
福島大学人間発達文化学類大学院 鈴木研究室
FAX 024?548?8114
E-mail メールフォームからお問い合わせください。



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp