本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

活動記録

平成26年度日本学校ソーシャルワーク学会 東北部会
 投稿日時: 2014-12-06

ご案内

学校ソーシャルワークは、子どもの最善の利益を重んじ、すべての子どもが自ら生きる力を獲得し発揮できるようになることを目指しています。スクールソーシャルワーカーは、学校内での連携はもとより学校と家庭・地域をつなぎ、関係機関と連携・協働した活動を行っています。

東北地区においては、なかなかスクールソーシャルワーカーの活動に対して理解が進んでいない県がある一方で、震災後の緊急派遣事業の一環として導入・拡大が進んでいる県もあります。また、いじめ防止対策や貧困問題に対応するためにスクールソーシャルワーカーを活用していこうとする動きもあります。

今回の東北部会では、小中学校での学校ソーシャルワークがどのように積み重ねてきたか、導入が始まった高等学校ではどのような実践が行われているのか、情報を共有するとともに、法的なことについても理解を深めていきたいと思います。

日時

平成26年12月6日(土曜) 13:00-16:30

場所

仙台市民会館第5会議室(仙台市青葉区桜ヶ岡公園4番1号 TEL:022-262-4721)

対象

福祉・教育・医療・司法・行政関係者保護者関心のある方

定員

60名(定員を超えた場合にのみご連絡します)

内容

時間 内容
113:00~13:10 開会
13:10~14:30 【講演】「子どもを守るために知っておきたい法的なこと」
  • 講師:伊東満彦弁護士仙台そよかぜ法律事務所
  • 司会:氏家靖浩仙台白百合大学
14:50~16:30 【分科会】
  • <小中部会>
    • 報告者:山本操里SSWr
    • 司会:田中尚岩手県立大学
  • <高校部会>
    • 報告者:伊藤美奈SSwr , 朝日華子SSWr
    • 司会:鈴木庸裕福島大学

問合先

日本学校ソーシャルワーク学会理事高橋(TEL:090-3647-6174)

申込み

氏名、所属、連絡先(携帯電話、メールアドレス)を記入して、申込先E-mailまで。



活動記録一覧ページへ


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp