本学会は、学校ソーシャルワーク(スクールソーシャルワーク)の研究を深めるとともに実践の方向づけを探り、さらにわが国での学校ソーシャルワーカー(スクールソーシャルワーカー)養成のあり方についても方向づけを探ることを目的に、社会福祉と教育、心理、司法その他の関連領域の研究者、実践者の参加を得て設立させるものである。(日本学校ソーシャルワーク学会設立趣意書より)

日本学校ソーシャルワーク学会会報第23号(2012.4.10)
特集 第7回大会のご案内

目次

第7回 香川大会へのお誘い
島影俊英(四国学院大学(大会実行委員長))

第7回研究大会 香川大会のご案内

大会テーマ

会場

日時

第1日目

時間 内容
9:30 大会事前企画研修会受付
10:00-12:00 基礎研修「リソースを生かした支援の展開を学ぶ」(当日申し込み可)
専門研修「アセスメント力を高める事例検討」(定員30名、申し込み順)
※事前企画の詳細や申し込み方法については、次回「大会要項」または当サイト(4月中旬以降)をご参照ください。
12:00 大会受付
13:00-13:30 開会式
13:30-15:00 【基調講演】「子どもと生活とソーシャルワーク~教育と福祉(貧困)のリンクに焦点を当てて~」
講師:山野則子氏(大阪府立大学)
15:10-16:40 【シンポジウム】「子どもと生活とソーシャルワーク」
  • [シンポジスト]
    • 山本文子氏(NPO法人 いのちの応援者理事長)
    • 岡田倫代氏(香川県立観音寺第一高等学校定時制課程 教諭)
    • 木村真紀氏(東かがわ市教育支援センター スクールソーシャルワーカー)
  • [司会]
    • 島影俊英氏 (四国学院大学)
16:50-17:20 年次総会
18:30 懇親会 (オークラホテル丸亀)

第2日目

9:30-12:00 自由研究発表分科会(自由研究の発表者募集中)
13:00-15:00 課題研究分科会(以下は仮題です)
  • 第1分科会「スクールソーシャルワーカーのスーパービジョンについて」
  • 第2分科会「問題行動にかかわるためのアセスメント(見立て)の工夫」
  • 第3分科会「大学におけるキャンパスソーシャルワーカーの業務内容とその意味」
  • 第4分科会「東日本大震災後のスクールソーシャルワーカー福島からの報告」

大会参加費

締め切り

※宿泊に関して※

第7回大会香川大会での「自由研究発表」の募集

締め切り

送付先

申し込み要項

1.発表原稿作成上のお願い
2.発表原稿の作成要領について
3.原稿の送付について

部会(地区)活動等の報告

関東・甲信越部会報告
シンポジウム「先進自治体の取り組みから何を学ぶか~富山県と神奈川県の取り組みを通して~」
関東・甲信越部会世話人 水島正浩(東京福祉大学・元神奈川県教育委員会SSWr)

基調講演
シンポジウム

北海道部会報告
第4回北海道スクールソーシャルワーク研究会報告
北海道部会・世話人 久能由弥(北星学園大学)

東海・北陸部会報告
「2011年度スクールソーシャルワーク研修」報告
東海北陸地区・世話人 早川真理

2011年度の事業報告と収支報告(案)

大会関係

研究・活動推進関係

研修委員会関係

編集委員会関係

理事会関係

連絡先

戻る


ページの一番上へ

本学会編
『スクールソーシャルワーカー養成テキスト』

本学会編「スクールソーシャルワーカー養成テキスト」が、中央法規出版から刊行されました。

購入:Amazonの商品ページ

〒825-8585 福岡県田川市字伊田4395番地
福岡県立大学 人間社会学部社会福祉学科 奧村賢一研究室気付
TEL&FAX:0947-42-1425
https://www.jssssw.jp
https://www.jssssw.jp

copyright(C) 日本学校ソーシャルワーク学会 (Japanese Society for the Study of School Social Work)

https://www.jssssw.jp